3月予定の上海アップグレード、イーサリアム市場に与える影響は?

ステーキングETHの出金制限解除

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の次期アップグレード「Shanghai」について、23年3月頃の実施が見込まれる。ステーキングされたETHの引き出しが可能になるため、市場参加者の間でETH価格への影響について関心が高まっている。

1月11日にはステーキングしたイーサリアムの引き出し機能をテストするdevnet(開発用ネットワーク)のバージョン2がローンチされたばかり。2月にはパブリックテストネットが公開予定と、着実に進行している。

データサイトOKLinkによると、イーサリアムのステーキングコントラクトには、執筆時点でETH供給量の13.2%に当たる1,600万 ETH(約3兆1,800億円相当)がロックアップされている。また、ステーキング参加者に年利4%〜6%の報酬が分配されているが、どちらもShanghaiアップデート後に初めて引き出しが可能になる。

なお、ステーキングされているETHの平均取得単価は22年7月時点で2,404 ドル(約30万円)とされており、含み損状態にあるこれらのETHが出金されても売却される可能性は低いとの見方が出ている。

しかし、1月14日時点にビットコイン(BTC)は22年11月のFTX破綻以降で初めて20,000ドル台に復帰するなど、仮想通貨市場は強気に推移。イーサリアム(ETH)も前日比10%増加して1,550ドル(約20万円)となった。

このまま仮想通貨市場が強気に転じ、ステーキングETHの大半の含み損が解消される場合は、売り圧力について再考する必要があると分析機関Nansenは述べている。

ETHバリデーターの出金プロセス

仮にShanghaiアップグレード後に含み益のあるステーキング参加者が売却を試みたとしても、イーサリアムでは一定期間に撤退できるバリデーター数に上限が設けられている。

これは、大量のバリデーターが同時期に撤退してイーサリアムネットワークが不安定になることを防ぐための制限だが、ETHが売り圧を平準化する作用も得られるだろう。

ETHStaker Communityによると、イーサリアムにおいてバリデーターが撤退したい時、1)引き出し申請(イグジットキュー)を通過させ、2)待機期間を経過する必要がある。

イグジットキューは1エポック(約6.4分)毎に受け付けているが、各エポックで受け入れられるのは現時点で7バリデーターまで。1日225エポックで1,575バリデーターの引き出しが可能だ。

これに加えて、2)待機期間はバリデータースコアによって異なり、過去にペナルティを受けていれば8192エポック(~36日)、罰則を受けていなければ256エポック(~27時間)が要される。

WestieCapitalのリサーチャーは、仮にバリデータ全体(50万件)の33%が1日にイグジットキューを出しても、全て通過するまで100日前後かかると説明。Shanghaiアップグレード後の予測は困難だが、バリデーター総数の18~21%がイグジットキューを出し、全て通過するまでに70日以上かかるのではないかと見解を述べた。

なお、1日に出金可能なETHは執筆時点で100億円~(32×1,575=50,400 ETH+手数料収入)である。

*参考まで、エポック毎の引き出し申請数は、総バリデーター数を65,536で割り、小数点を切り捨てて算出される。バリデーター数が増えると申請可能数も増えていく。同じ条件はネットワークに参加する新規バリデーターにも適用される。

ETHバリデーターとは

データの保存、トランザクションの処理、ブロックチェーンへの新しいブロックの追加を担当するPoS(プルーフオブステーク)システムのノードのこと。バリデーターソフトウェアを起動するには、32 ETHをステークする必要がある。

ETHホルダーは自分でバリデーターノードを建てるか、仮想通貨取引所やステーキングプールなどのサービスプロバイダーを介して、イーサリアムのPoS(プルーフオブステーク)コンセンサスに参加し、年利4%〜6%のステーキング報酬を受け取る。

どちらのケースもETHの出金はバリデーターのイグジットキューと待機期間を経て初めて可能になる。

▶️仮想通貨用語集

ETHバリデーターは増加傾向

短期的なイーサリアムの売り圧を引き起こしたとしても、出金機能の実装が投資家に安心感を与えることで、長期的には新たなステーキング参加者の獲得につながるとの見方もある。

出典:BeaconScan

実際に、Shanghaiアップグレードの見通しが立つにつれて、イーサリアムのステーキング規模は拡大。データサイトBeaconScanによると、執筆時点にPoS(プルーフオブステーク)バリデーター数は50万件を突破しており、大型アップグレード「The Merge(マージ)」完了時(22年9月15日)の42.8万件からは16%拡大している。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=423233 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

提供元: Ripple(リップル)仮想通貨情報局
3月予定の上海アップグレード、イーサリアム市場に与える影響は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする