【米国不動産】1年半で40%上昇…賃料はどこまで上がるのか? – 「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

米国の一部の都市では、家賃が2021年1月から40%以上値上がりしているといいます。その要因として住宅価格の高騰があげられますが、その価格が落ち着いても家賃上昇は続くとされています。その理由について、みていきましょう。

提供元: 幻冬舎ゴールドオンライン
【米国不動産】1年半で40%上昇…賃料はどこまで上がるのか? – 「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする