一時138円に迫った米ドル/円…「過去5回の代表的な円安局面」との違い【国際金融アナリストが解説】 – 国際金融アナリスト・吉田恒氏のマーケット分析2021

現在、1998年以来約24年ぶりの米ドル高・円安が広がっています。ただし、今回の円安は、過去の代表的な円安局面は異なると、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏はいいます。では、具体的にはどのような点が異なっているのでしょうか。吉田氏が解説します。

提供元: 幻冬舎ゴールドオンライン
一時138円に迫った米ドル/円…「過去5回の代表的な円安局面」との違い【国際金融アナリストが解説】 – 国際金融アナリスト・吉田恒氏のマーケット分析2021

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする