不確実性の高い相場をどのように生き抜いていくのか

不確実性の高まる相場をどのように生き抜いていくのか リセッションがあると、今までの投資に対して不安に思う人が増えます。 例えば、個別株投資をしていた人は、企業固有のリスクに直面します。 マイナスのリスクがあります。増大する航空需要に沿った航空株、ほんの10年前まで鉄板だった高配当原油株、鉄板に思えた国内鉄道株や電力株、これらはマイナスのリスクの1例です。 プラスのリスクもあります。GAFAMなどハイテクITに投資をしていた人は、リセッション前よりも資産を増やしています。コロナショックの影響の少ない銘柄を買っていた人は特にそうでしょう。 投資のリスクは、振れ幅であり、はっきりと明暗を分けます。 …
提供元: たぱぞう米国株投資
不確実性の高い相場をどのように生き抜いていくのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする