仮想通貨EOS基盤のSNS「ボイス」、予定より早く正式に立ち上げ

1 

仮想通貨EOSのブロックチェーンを基盤としたSNSネットワーク「ボイス(Voice)」が、予定より早くプラットフォームを立ち上げたと発表した

「9月に大きな発表を予定していたが、状況が変わった。世界が変わった。今からプラットフォームを開放して、コミュニティーにも構築に参加してもらうことにする」

ボイスによると、7月4日現在で世界の誰でもボイスの投稿を読むことができる。投稿を公開するには登録する必要がある。

8月15日より、アーリーアクセスで登録済みの人が「世界中から友達をボイスに誘ってコミュニティの構築」を開始できるようになるという。ボイスでは、ユーザーはプラットフォームの参加に応じてボイストークンを獲得することができる。

「大手ハイテク企業によって作られたソーシャルスペースでの腐敗が完全に明るみになった。この状況を脱却して人間ファーストにするべきだ」

ボイスは、オープンソースのEOSIOプロトコルに基づいており、ブロックチェーン技術を使い、ボットやなりすましアカウントのない信頼できるソーシャルエクスペリエンスを構築することを目指している。2019年6月に発表された。生体認証技術を使用してすべてのアカウントを検証し、アカウントを1人に付き1つに制限し、ユーザーデータを保護するとしている。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/eos-based-sns-voice-has-launched-ahead-of-the-initial-date 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


提供元: Ripple(リップル)仮想通貨情報局
仮想通貨EOS基盤のSNS「ボイス」、予定より早く正式に立ち上げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする