ファンド持分をデジタル証券で管理 米SECが認可

SEC認可のファンドをローンチ

米デジタル資産投資企業Arcaは6日、米証券取引委員会(SEC)が認可したクローズドエンド型のファンド「Arca U.S. Treasury Fund」の提供を開始した。

主に米国の国債を投資対象にしたファンドで、ファンドの購入者にブロックチェーン上でデジタル証券「ArCoin」を発行する。事業から生じる収益等を出資者に分配するための権利に当たるファンド持分の1単位をArCoin1枚で表し、ArCoin所有者には四半期ごとに利子が支払われる仕組み。デジタル証券を発行するファンドは、1940年投資会社法の下では初めての事例だ。

Arcaは従来の金融とブロックチェーンを掛け合わせたサービスを提供する企業。ArCoinは同社のデジタル製品開発部門Arca Labsが発行する。

ファンドへの投資は6日からArCoinのウェブサイトで受付を開始している。購入の最低単位は1000ドル(約10.7万円)。ファンドのポートフォリオの80%は利子付きの短期国債に投資するという。

Arca Labsの監督企業「Arca Capital Management」のトップは、「ここ数年で我々の世界はデジタルへの移行が進んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大によってそれが加速した」と説明。それに合わせて、デジタル資産のエコシステムも急速に拡大し、業界が発展していると述べた。

ArCoinは他にも規制機関に登録された投資商品において、様々なユースケースを備えるという。個人利用では、価格変動の大きい他のデジタル資産の代わりに使うケースや、また金融機関やデジタル資産企業は、清算や貸出、資金管理や決済などにも利用などが事例にあがった。

SECの認可を取得

Arcaは、米SECの認可を取得する上で、規制を遵守するためのルールを設けている。

ファンドの投資家は、本人確認(KYC)とマネーロンダリング対策(AML)の手続きを行う必要がある。

またArCoinの発行には、イーサリアムブロックチェーンのERC1404の規格を利用。ERC1404トークンは規制要件を満たすために設計されており、イーサリアムでよく利用されるERC20の規格と違い、より制限的で、送金にはホワイトリスト登録が必要であるなどの特徴を持つ。

さらに、ArCoinは投資家のウォレットで保有するが、秘密鍵を紛失した場合に投資家を保護するため、ブロックチェーンの記録から元のArCoins無効にし、再発行を行えるルールも設けた。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=165462 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


提供元: Ripple(リップル)仮想通貨情報局
ファンド持分をデジタル証券で管理 米SECが認可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする