相変わらず動意薄のBTC オプションカット後もHV低下【仮想通貨相場】

6月第4週のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比13,895円安(- 1.4%)の980,000円と3週続落。金相場が約8年ぶりの高値に浮上する中、先週のBTC相場は複数マイナーによる7.3億円相当のBTC送金が確認され、上値を重くした。【ビットバンクのアナリスト、長谷川友哉氏のマーケットレポート(6月29日)】

提供元: コインテレグラフジャパン
相変わらず動意薄のBTC オプションカット後もHV低下【仮想通貨相場】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする