モルガンクリークデジタル創業者、「年金基金のポートフォリオに1〜5%のビットコインを」

1 

米国で年金基金が資金繰りに悩む中、モルガンクリークデジタルの共同創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏(通称ポンプ)は、年金基金にビットコインをポーロフォリオに追加すべきだと提案している。

ポンプ氏が発行するニュースレターの中で、米国最大の公的年金であるカリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース:CalPERS)は非流動性資産の配分を増やすのではなく、ビットコインへ投資すべきだと主張した。「明確なのは、ビットコインへの投資を追加することで、公的年金基金のリスク調整後リターンが増加する」と指摘した。

ポンプ氏はポートフォリオの1〜5%をビットコインに配分することを提案している。

「今、最も大きなイノベーションがどこで起こっているか?ビットコインだ。次の世界的な基軸通貨の地位に就くことを目標に、1500億ドル以上の資産を築いた個人のグループがある。そうなれば、今後20年以上の間、最高のパフォーマンスを発揮する資産になるだろう。しかし、たとえそれが実現しなくても、うまくいくだろう」

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/anthony-pompliano-continues-push-for-pension-fund-crypto-allocation 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


提供元: Ripple(リップル)仮想通貨情報局
モルガンクリークデジタル創業者、「年金基金のポートフォリオに1〜5%のビットコインを」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする