ADHDの子を問題児扱いして表れた「二次障害」の暗すぎる影 – 子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

ADHDやASDなどの発達障害の子どもを持つ保護者は、子育てに苦労することが少なくありません。将来、彼らが社会に貢献できる人物となるには、周囲のフォローが欠かせません。本記事では、ADHDの子ども自身や、その保護者の負担を軽減させるために、周囲の人々ができることについて見ていきます。※当記事は、2018年12月4日刊行の書籍『「発達障害」という個性 AI時代に輝く――突出した才能をもつ子どもたち』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

提供元: 幻冬舎ゴールドオンライン
ADHDの子を問題児扱いして表れた「二次障害」の暗すぎる影 – 子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする