新型コロナウイルスは太陽光投資にどう影響する?さまざまなリスクを徹底解説

1.太陽光投資が「新型コロナウイルスの影響を受けにくい」理由とは?

太陽光投資が「新型コロナウイルスの影響を受けにくい」理由とは?

太陽光発電投資が新型コロナウイルスの影響を受けにくい理由は3つあります。

  1. 電気の買取価格は国の制度により常に一定だから
  2. 天候以外の外部要因の影響が少ないから
  3. 融資審査への影響が少ない投資だから

①電気の買取価格が国の制度により常に一定だから

太陽光発電などの再生エネルギー事業には、FIT(固定買取価格制度)と呼ばれる制度が定められています。

太陽光発電投資の仕組み

この制度の最大の特徴は、景気に左右されず、20年間にわたって電気の買い取り額が常に一定であることです。

これにより、コロナウイルスの影響を受けることなく、安定した収益が見込めます。

電気の買取価格は、その太陽光発電所が「いつ」国の認可を得たかによって変わります。

買取価格は14円もしくは18円/kWh(税抜)が多く、それ以上の買取価格の物件の掲載もあります。

50kWクラスの比較的小規模な太陽光発電所を建てた場合、年間およそ180~190万円前後が収入のイメージとなります。

参考:茨城県つくば市案件_HC_KA_S2924 表面利回り10.2%

2019年以前の物件では、さらに売電価格は高くなります。そうした物件をお探しの際は、ぜひスマエネの物件検索をお試しください。

2000件以上の物件から、求める条件にあった物件を検索することができます。

②天候以外の外部要因の影響が少ないから

電気の買取価格が一定である太陽光発電投資の場合、収益に影響するのは日射量パネルの発電効率といった要素のみ。

マンション経営のように入居率を気にする必要もなければ、株式投資のように他の投資家の動向が利回りに影響することもありません。

日射量についても、気象庁のデータから20年間の平均値が比較的高い精度で予測することができます。

定期的なメンテナンスなどは必要となりますが、建ててしまえば一定の収益を得続けられる点が、太陽光投資の大きな強みです。

たとえば、不動産信託(REIT)の市況を表す東証REIT指数は、2020年3月から大幅に下落しています。

REIT

写真:Google

画像の通り、2月には2200円台であったのが、4月10日には1500円台にまで落ち込んでいます。新型コロナウイルスの影響により、マンションだけでなく、オフィスや商業施設のテナント賃料にも大きな影響が出ているためです。

経済のダウントレンドがいつまで続くかの見通しが立たない現状、空室を気にする必要のない太陽光発電投資は、変わらず安定した利回りを期待できます。

③融資審査への影響が少ないから

もうひとつの大きな特徴が、融資の通りやすさです。

すでにマンション投資では新型コロナウイルス関連の緊急融資が激増したことにより、銀行からの不動産投資は受けにくい状況にあります。

「値下がりをしている今がチャンス!」と思っても、始めることが出来ない状況にあるのです。

一方、太陽光発電投資の場合は、信販会社によるローンを利用することが可能。

当社の実施したヒアリング調査でも、コロナウイルスのローン審査への影響は「まったく見られない」との回答が得られています。(2020年4月現在)

景気に左右されない太陽光発電投資は、不況下においてもローンを組みやすく、始めやすい投資だと言えるでしょう。

2.太陽光発電投資がコロナの影響を受ける可能性について

太陽光発電投資がコロナの影響を受ける可能性について

とはいえ、新型コロナウイルスによる影響はゼロではありません。

いまから太陽光発電投資を始めようと検討している方に、もう少し踏み込んだ部分について、コロナウイルスの影響を受ける可能性を解説します。

①太陽光設備の部材が手に入らないリスクがある?

太陽光発電システムに使われるソーラーパネルなどの部材については、安価で高性能な海外メーカー製品が主流となっています。

一方で、コロナウイルスは海外からの輸出入にも影響を及ぼしており、これらの製品が手に入らない or 割高になるのでは? という懸念が考えられます。

結論から言うと、2020年4月現在、この問題はすでに解消されつつあります。

特にHUAWEIなどの中国メーカー製品の物流は、中国で大規模なロックダウンが起きていた2月~3月と比べると、大幅な改善がみられています。

パネルや架台なども遅れが解消して、現在では通常に戻っているところが多いようです。

参考:太陽光パネル、架台への新型コロナウイルスの影響は?No.3(SOLAR DEPOT)

②外出制限により工事の遅れが発生する?

コロナウイルスの影響により、東京をはじめ一部の地域で緊急事態宣言が発令され、人との接触を大幅に減らすよう要請されています。

この影響により、工事の遅れが発生する可能性は確かに考えられます。

これによって電力供給の開始が遅れると、下記のリスクが発生するおそれがあります。

FIT期間が短くなってしまう

固定買取制度の認定を受けた土地は、認定から一定期間内に運転を開始しなければなりません。

その期間を過ぎた場合、過ぎた分だけ固定買取の期間は短くなってしまいます。

固定買取制度の固定買取期限

参考:再生可能エネルギー固定価格買取制度ガイドブック2020年度版

上図の通り、太陽光発電設備の運転開始期限は3年。

2019年に認定を受けた物件であれば大きな問題はありませんが、気になる方は工期の遅れをある程度織り込んだ物件選びを意識するとよいかもしれません。

決定した融資をそのまま履行できない可能性が発生する

工期の遅れが発生すると、融資の実行が、設定された融資実行期間内に収まらない可能性がでてきてしまいます。

融資実行期間内に融資実行がされないと、決定した融資が再稟議となったり金融機関からのペナルティが発生したりする可能性があります。

この点も踏まえ、いまから始める場合には売電開始日までのスケジュールに、通常よりも余裕をもたせておく、それぞれの案件についてしっかり確認をとる、といった対応を取るようにしましょう。

3.本当に儲かる?実際の物件をもとに収支をシミュレート!

11~20年目

「安定しているっていうのはわかったけれど、実際にどのくらい儲かるの?」

「実質利回り、表面利回りと聞いてもよくわからない……」

そんな方のために、スマエネで紹介する物件には、太陽光発電システムを稼働させてから20年間の収入・経費を計算した収支シミュレーションをご用意しています。

実際にスマエネで取扱っている物件を元に、収支のシミュレーションを見ていきましょう。

モデルケース:長野県大町市案件_TK_TY_R2847 表面利回り11.1%

※この資料は簡易的なシミュレーションであり参考資料です。すべての経費や税金を考慮したものではありません。また、経費内容や将来の売電額を保証するものではありません

①販売価格(初期費用)

販売価格(初期費用)

設備の価格は1610万円。

その全額をローンでまかなう場合の収支のシミュレーションは、以下の通りとなります。

②年間収支シミュレーション

・1~10年目

1年目~10年目

・11~20年目

11~20年目

③合計収支

合計収支

結果として、1610万円の投資に対し、20年間で約2500万円の収益を得られるという予測になり、差額の利益は880万円(実質利回り7.74%)となります。

さらに、これに加えて太陽光投資では、消費税の還付が受けられます。区分所有の不動産投資では利用できない、太陽光投資最大のメリットです。

上記のケースの場合ですと、還付額はおおむね120万円前後。

それと合計した実質的な利益の総額はおよそ1000万円となります。

また年間シミュレーション結果を見てわかる通り、収益の大半はローンを完済した後。16~20年目まで、年間140万円の売電収入が得られています。

そのほかの物件をスマエネで探してみる

4.スマエネであなたにあった投資物件を探そう!

新型コロナウイルスによる不況は、市場に大きな混乱をもたらしており、経済への影響も長期化すると考えられます。

そんな不安定な時代だからこそ、国の制度によって安定収益を得られる太陽光発電投資は、比較的な堅実な資産運用の方法として役立つでしょう。

スマエネは80社の施工会社案件を通じて2000件以上の物件を掲載する、業界最大級の太陽光投資仲介サイトです。

①太陽光機材商社ならではのルートを生かした物件掲載数

スマエネでは、非公開案件も含めて1,000件以上の現存物件を扱っています。

選択肢が多いからこそ、一人ひとりの希望にあった物件が見つかりやすくなっています。

②物件ごとの利回りをどこよりもわかりやすく

スマエネでは、ひとつひとつの物件の販売価格に含まれる要素を、一目でわかる形で表示。「土地代」「工事費」「メンテナンス」等、何がどこまで販売価格に含まれているのかを、すぐに知ることができます。

販売価格シート

③仲介手数料0円

スマエネは成約手数料を施工業者様サイドから頂いているため、お客様から仲介手数料は頂きません。

物件検索をはじめ、すべての機能を無料でご利用頂けます。

④中立的な立場で物件選びをサポート

80社を超える施工会社の物件を扱っており、顧客の目線に近い中立的な立場で、物件選びをお手伝いできます。

  • 自社物件を選ぶためにデメリットを隠す
  • 特定の物件を売るために他の物件を紹介しない

そのような売り方をすることなく、フラットなアドバイスをいたします。

スマエネの物件検索は、

  • 表面利回り
  • 低圧 / 高圧
  • 実質利回り
  • 土地賃貸 / 売買
  • 販売価格
  • 信販利用
  • 都道府県
  • 新築 / 中古 / 土地権利
  • 売電価格

といった様々な条件を組み合わせて、物件を絞り込むことが可能。

そのほか、太陽光投資について相談やお悩みがある場合は、スマエネの無料相談までぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

電話窓口:0120-821-380(はっぴーさんぱわー)

受付時間:平日10:00~19:00

投稿 新型コロナウイルスは太陽光投資にどう影響する?さまざまなリスクを徹底解説スマエネ に最初に表示されました。

提供元: スマエネ
新型コロナウイルスは太陽光投資にどう影響する?さまざまなリスクを徹底解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする