あなたに合った投資はどれ?太陽光投資と4つの投資を比較しました

スマエネの「物件を探す」に掲載している物件情報では、運用にかかる具体的なコスト・収入をシミュレーションシートにまとめて、どれほど利益を得られるのか解説しています。

希望する価格・利回り・立地を入力するだけで、理想に近い物件をピックアップできるので、本記事とあわせてご参照ください。

1.4つある「王道の投資」と太陽光投資を比較

お金

今回は、太陽光投資と株式、不動産、投資信託、FXを比較していきます。

まずは以下の表で投資ごとの特徴を大まかに掴みましょう。

太陽光発電 株式投資 不動産投資 投資信託 FX
初期費用 ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
利益率 ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
リスク ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆
運用の手間 ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆

※☆の数が多いほど優れています

投資の種類ごとに、特徴が大きく異なっていると分かります。それでは、太陽光投資とそれぞれの投資を比較するときは、どこに注目すればよいのでしょうか?

次からは、各投資と太陽光投資を比較するときのポイントについて解説していきます。

関連記事:【完全マップ】太陽光発電投資を成功に導く8ステップ

2.株式投資と太陽光投資の比較ポイント

まずは、株式投資と太陽光投資の比較ポイントについて解説していきます。

(1)株式投資はどのような投資なの?

株式投資は、企業が発行する株式に投資をして、配当収入や売却益を得られる投資。数ある投資の中でも、メジャーな投資手段の1つです。

また、株式を所有していると、株主優待として自社商品やサービスなどを提供してもらえます。近年は、ネット証券の普及により売買・運用コストが低価格化されただけでなく、スマートフォンで手軽に取引が完結できるようになりました。

①株式投資のメリット

株式投資のメリットは、運用資産が短期間で拡大できる点。数万円から始められるため、投資先を入念に選定すると資産を大きく拡大できます。

一方で太陽光投資は、初期費用が高額なだけでなく、FIT制度により利益率が固定されているので、株式投資のように短期的に資産を増やせません。

②株式投資のデメリット

株式投資で安定的に利益を出し続けるためには、損益計算書や貸借対象表などから経営状況を読み取る能力が不可欠です。勉強や情報収集を怠ると大きな損失が発生する可能性もあります。

太陽光投資の場合は、株式投資のような市場のリサーチはほとんど必要なく、長期的に安定した利益を確保できます。

(2)太陽光投資より株式投資に向いている人の特徴

株式投資は、太陽光投資と比べて少額の資金を大きく増やせます。そのためには、企業・業界についての勉強や研究を継続しなければなりません。

このような点から、以下に当てはまる方は太陽光投資よりも株式投資に向いているといえます。

太陽光投資より株式投資に向いている人の特徴
少額の資金で勢いよく資産拡大を目指したい人
企業の研究や市場の勉強が好きな人

株式投資は、太陽光発電よりも投資のリスクが大きいため、安定的に利益を出していきたい方は太陽光発電の方がおすすめです。

3.不動産投資と太陽光投資の比較ポイント

家と鍵

次に不動産投資と太陽光投資を比較してみましょう。

(1)不動産投資はどのような投資なの?

不動産投資とは、マンションやアパート戸建てを購入して賃料収入を得る投資方法。サラリーマン大家として活動する投資家も多いです。

不動産投資は、太陽光投資と同じく融資を利用して投資効果を高められます。また取得費用を減価償却費として計上し、帳簿上の収益を赤字にして、本業で得た給与所得と損益通算すると、所得税や住民税の負担の軽減が可能です。

①不動産投資のメリット

不動産投資は、設備の更新やリフォーム、状況に応じた家賃設定など、投資家の工夫や戦略によって入居率を上げて利益率を高められます。一方、太陽光投資は、FIT価格に依存しているため利益のコントロールは難しいです。

②不動産投資のデメリット

不動産投資には、空室が出た場合や家賃を滞納された場合に、収入が途絶えてしまうためこれらの対策は欠かせません。具体的には、オーナーは入居者の募集や、滞納家賃の催促などのアクションが不可欠です。

太陽光投資には空室が発生するリスクはなく、取引会社が電力会社ですので、家賃滞納リスクの心配もありません。

(2)太陽光投資より不動産投資に向いている人の特徴

不動産投資は、太陽光投資と比較してオーナーの工夫や戦略によって、利益率を高められます。一方で、利益を高めるための戦略を考えるためには、ある程度の投資経験が必要です。

そのため、不動産投資の方が向いている方の特徴は、以下の通りです。

太陽光投資より不動産投資に向いている人の特徴
自分で利益をコントロールしたい人
ある程度の投資経験がある人

不動産投資は、空室リスクや家賃滞納リスクのような、太陽光投資にはないリスクとの戦いですので、管理に手間が生じます。できるだけ手間のかからない投資をしたい方は、不動産投資ではなく太陽光投資を選ぶと良いでしょう。

4.投資信託と太陽光投資の比較ポイント

次に、投資信託と太陽光投資の比較ポイントについて解説していきます。

(1)投資信託はどのような投資なの?

投資信託とは、投資のプロであるファンドマネージャーに資金を預けて、自分の代わりに運用してくれる金融商品です。投資信託を売却するときの価格が、購入時よりも上昇していた場合に売却益を得られます。

投資信託を購入することで、国内外の株式や債券、不動産などに間接的な投資が可能です。なお、投資信託を保有している間は、管理・運用の手数料として、信託報酬を支払わなければなりません。

①投資信託のメリット

投資信託のメリットは、数百円から手軽に始められるだけでなく、運用をプロに任せられるため、手間をかけずにローリスクで資産を拡大できる点です。

投資信託に対して、太陽光投資は初期費用が高額なだけでなく、設備のメンテナンスや自然災害などへのリスク対策も必要なため、運用にある程度の手間がかかります。

②投資信託のデメリット

一方で投資信託は、利益率が年間1〜5%程度とあまり高くないため、メインの資産形成手段としては適していません。加えて金融市場に強く影響を受けるため、世界で同時株安が起こったタイミングに、価格が大幅に下がってしまうこともあります。

太陽光投資であれば、10%前後の利益率が期待できるだけでなく、FIT制度の存在により売電収入はマーケットの影響を受けないため、安定した利益を期待できます。

(2)太陽光投資より投資信託に向いている人の特徴

投資信託が向いている方の特徴は以下の通りです。

太陽光投資より投資信託に向いている人の特徴
手軽に資産運用をしたい人
少額から投資を始めたい人

5.FXと太陽光投資の比較ポイント

FX

最後に、FXと太陽光投資の比較ポイントについて解説していきます。

(1)FXはどのような投資なの?

FXとは、円やドルなどの通貨を売ったり買ったりする取引のこと。通貨の価値が日々変動する仕組みを、売買取引による価格差によって利益を狙います。

FXの最大の特徴は、レバレッジという仕組みを利用して自己資金以上のお金をトレードでき、投資効率を高められる点にあります。国内でFXの口座を開いた場合、レバレッジは最大で25倍に設定が可能です。

また、FXの市場は24時間動いているため、いつでも取引が可能です。

①FXのメリット

FXのメリットは、レバレッジをかけてハイリターンが狙えることです。売電収入がほぼ一定の太陽光発電と異なり、努力と運次第では短期間で高い利益を狙えます。

②FXのデメリット

FXは、他の投資と比べてもハイリスクです。特にレバレッジをかけて投資をすると、1度のミスが命取りとなり、大きな損失が発生する可能性があるのです。加えて売買のタイミングが重要な投資ですので、常に取引を意識する必要があり生活リズムが支配されかねません。

一方、太陽光投資は1度に大きな損をすることはなく、定期的にメンテナンスをすれば、常に施設をチェックする必要はありません。

(2)太陽光投資よりFXに向いている人の特徴

FXは、太陽光投資よりも短期間で資産を拡大できる可能性がありますが、常にトレードを意識して生活しなければなりません。

そのため以下のような人は、太陽光投資よりもFXに向いているといえます。

太陽光投資よりFXに向いている人の特徴
リスクを取ってでも短期間で多くのお金を増やしたい人
常にFXのトレードのことを考えられる人

一方で、リスクや運用にかかる手間を抑えた投資を行いたい人は、FXよりも太陽光投資を始めると良いでしょう。

6.効率的な資産拡大・堅実さを両立するなら太陽光投資

太陽光投資は、数ある投資の中でも効率的かつ堅実に資産を拡大していける投資です。事実、FIT制度によって安定した売電収入が得られるだけでなく、融資を利用することで自己資金が少なくても投資の規模を効率的に拡大していけます。

今回の記事を読んで頂いた結果、太陽光投資が自分に合った投資方法だと感じた方は、ぜひチャレンジしてみてください。

投稿 あなたに合った投資はどれ?太陽光投資と4つの投資を比較しましたスマエネ に最初に表示されました。

提供元: スマエネ
あなたに合った投資はどれ?太陽光投資と4つの投資を比較しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする